【 勝負に絶対は無い 野球の怖さを痛感 】

 未だに信じられません。

昨日の野球世界大会プレミア12の
準決勝の最終回の逆転負け。


こんなことあるのですね(汗) 


昨日の先発、大谷投手が本当に
凄いピッチングを魅せてくれて

本当に最後までスカッとさせて
くれていたんです。7回11奪三振1安打
無失点の大々好投!!


160キロの剛速球にフオーク

そして中盤からはスライダーを交え、圧巻の投球でした。


つけいる隙が無い!とは
まさにこの事を指すのでしょう。


世界大会でのノーヒットノーランか!?と
思わせた位の凄みある投球でした。

交代した8回は則本投手が完璧に抑え
9回も続投したのですが…。


悪夢は突然にやってくる。


韓国の代打攻勢に連打を浴び,更に痛打を浴び
3-1に追い上げられ

結局、一死も取れず則本投手が降板(汗)


無死満塁 絶対絶命の大ピンチ!


代わった、松井投手、楽天の守護神として
今年、大活躍した彼も、押し出し
四球で3-2と一点差に。


更に交代した日ハムの増井投手。

彼も、日ハムの絶対的
守護神だったのですが

逆転タイムリーを浴びて
3-4になってしまいました。


更に、続く打者のセンターへの
大飛球を前進守備をしていた

秋山選手が超ファインプレー!

これで、また流れがくるか?と
思ったのですが

メイクドラマは、日本には
訪れてくれませんでした。


中田選手が、意地のヒットを
放ちましたが

最後はおこわり君こと
中村選手が倒れ

ゲームッセット。


本当にまさか!?の試合展開に

今でも、信じられない位の
茫然自失状態にあります(涙)


野球は九回二死まで分からないとは
言うけれど

8回まで完璧に抑えていて
3-0では、勝利を信じて疑わないと

日本の誰もが思っても
おかしくはない。


でも、やはり

この世に、絶対! は無いのです。


最後まで諦め無かった
韓国チームの執念を

ここは称えるしかありません。


本当に悔しいのですが。


前回のWBCに続き

またも、準決勝敗退。

明後日、土曜日

最後の3位決定戦まで
選手には頑張ってほしいですし

勝ってほしいと願うばかりです。


最後まで応援したいと
思います。


あなたも、今回のこの教訓を活かして

決して、最後まで諦め無い姿勢


諦めずに、自分を信じ続ければ

勝利(成功)は、あなたに訪れるのだと

肝に銘じて、これからも
ビジネスを人生を頑張り続けて
いこうではありませんか!


日本代表、侍ジャパン!


この敗戦を糧として

更に、己を磨いて

次のWBC、東京オリンピックでは
韓国チームにリベンジを頼みます!!(^o^)


負けた事は、本当に悔しいですが

本当に楽しい時間を存分に
味あわせてくれたことに
感謝します。

大谷投手、よく投げた!

あっぱれ!!


そして

明後日の三位決定戦!

最後まで、頑張れ!!

侍ジャパン!!!

ではまた!

インターネットマーケティング
コンサルタント 

神野望