【 道は一つではない 失敗歓迎社会 】
どうも、ウェブマーケティングコンサルタント 神野望です。
あの大震災から5年経ちました。
改めて、今こうして生かされていることに感謝の言葉しかありません。
お亡くなりになられました方々の分まで
精一杯生きたいと思います。
 
さて、広島で中3男子生徒の
自殺報道がされています。
 
学校側の不手際の責任は
本当に大きいと思います。
 
子供達を預かり、教育している
自覚が足りないのではないかと
思います。
 
一年生の万引き行為が
専願?の対象になるとか
 
教育の観点からも
疑問を持ちます。
 
ただ、もし専願が
取れなかったから
 
親に万引き行為が発覚することを怖れて
 
自殺したとしたならば
 
悲し過ぎます。
 
このことは、子育て
学校教育
 
どちらも
 
子供達に
 
自ら命を絶つことほど
重いこと
 
してはならないんだということを
 
しっかりと価値観教育を
していってほしと思います。
 
失敗したら終わり では
ありません。
 
受験や就職に失敗しても
 
道はいくらでもあること
 
リストラや倒産で失業しても
同様です。
 
自ら健康な身体を与えられ
 
生かされていること
 
自分の命は自分だけのものでは
ないこと
 
自ら命を絶つことほど
愚かなことはないことを
 
しっかり、親や学校は
教えてほしいと思います。
 
命の大切さの教育が
疎かになってないだろうか?
 
子供達が子供を殺める
事件や自殺に追い込む事件も
沢山あります。
 
私達は生かされているのだ
 
与えられた使命を果たす為に
生かされていること
 
他人や社会に貢献する為に
生かされていること
 
自ら命を絶つことは
絶対にしてはならないこと
 
これらをしっかりと
親や学校は教育してほしい。
 
受験指導より大切だと思う
からです。
 
命を本当に大切にしてほしい。
 
生かされていることに
感謝してほしい。
 
今、一度
 
根本から家庭教育
 
学校教育について
 
考えさせられました。
 
それに対する私の
考えについて書かせて
戴きました。
 
あなたは、どう思いましたか?
 
では、今日も元気に
素敵な一日を
お過ごしください。
 
ではまた!
 
神野望